戦国武将逸話

徳川家康の逸話
 徳川家康は天下をとった後に「平氏を亡ぼす者は平氏なり。鎌倉を亡ぼす者は鎌倉なり。」(名将言行録より)と自戒し、自らだけでなく家臣たちにも贅沢を禁じ質素倹約を奨励した。平氏は「平氏にあらずんば人にあらず」といわれるほど栄華を極めたが、平氏一門の奢侈が過ぎ、驕りがでたために源氏に亡ぼされた。また、鎌倉幕府(北条氏)もしかりである。この歴史を教訓に、権力の座に就くものは驕らず、心して行動しなければならないということであろう。幼い頃から苦労し、今川氏、織田氏、豊臣氏の栄枯盛衰を目の当たりにしてきた徳川家康らしい語録である。







戦国探求TOPページへ




Copyright (C) 2009-2016  戦国探求 All Rights Reserved