幸盛寺(こうせいじ)
山中幸盛(鹿介)の墓所

  場  所: 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1306
宗  派: 浄土宗
開基年: 宝徳年間(1449〜1452)


境内

玄関

 天正九年(1581)に鳥取城攻めで戦功のあった亀井茲矩は因幡・気多郡1万3800石を領し鹿野城主となる。元禄元年(1591)に茲矩は舅(義理の父)にあたる山中幸盛の菩提を弔うため持西山の麓にあった持西寺を現在の地に移して鹿野山幸盛寺と改名させ、後年幸盛の墓も建てた。現在もその墓は幸盛寺の敷地内に残っている。


山中幸盛(鹿介)の墓

鹿介の代名詞となっている
「願わくば 我に七難八苦を 与え給え」の碑

山中幸盛(鹿介)の墓の碑

勢至丸さま像(浄土宗の元祖・法然の幼名)

境内

敷地内から見た玄関


周辺地図 スポンサーリンク


関連史跡・近隣史跡
鹿野城  鳥取城  月山富田城
山中屋敷跡(山中鹿介生誕地)  阿井の渡し(山中鹿介の最期の地)



スポンサーリンク





戦国探求TOPページ戦国関連史跡





Copyright (C) 2009-2017  戦国探求 All Rights Reserved