毛利元秋墓所(もうりもとあきぼしょ)
〜宗松寺跡〜

  場  所: 島根県安来市広瀬町富田

毛利元秋(元就五男)の墓

 新宮谷の新宮党館跡の手前の左の畦道を入って少し歩いた所に毛利元秋墓所(宗松寺跡)がある。行った時にはオオスズメバチが多数飛んでいたので注意が必要。
 毛利元秋は毛利元就の五男で月山富田城主を務めた。永禄九年(1566)に尼子氏を滅ぼした毛利元就は月山富田城の城代として天野隆重を入城させた。永禄十一年(1568)に隆重の要請で元秋が月山富田城主として入城する。翌年、尼子氏の残党(尼子再興軍)が蜂起して月山富田城を攻撃してきたが、元秋は隆重とともに少数の兵で尼子軍を撃退し月山富田城を守り抜いている。元秋は天正十三年(1585)月山富田城において34歳の若さで亡くなり子がなかったため、弟の元康(元就八男)がその領地を相続した。


毛利元秋墓所の入口

石垣
宗松寺の石垣跡でしょうか。

元秋墓所に続く道

この石段を上がると元秋の墓


周辺地図 スポンサーリンク


関連史跡・近隣史跡
月山富田城  巌倉寺(堀尾吉晴墓所、山中鹿介供養塔)  山中屋敷跡(山中鹿介生誕地)
洞光寺(尼子経久墓所)  尼子晴久の墓  新宮党館跡  塩冶掃部介墓所  伝・堀尾忠氏墓



スポンサーリンク





戦国探求TOPページ戦国関連史跡





Copyright (C) 2009-2017  戦国探求 All Rights Reserved